BLOG

SATOWAのブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 帽子
  4. 雨の時の帽子ってどうなの?

雨の時の帽子ってどうなの?

今日は”ある”思い込みについて。

それは「雨の日は 帽子をかぶらない」っていう思い込み。

え?雨の日も帽子ってかぶってもいいの?
って声が聞こえてきそうですが大丈夫^^

雨の日に帽子をかぶるメリットってあるんです。

例えば髪の毛。

雨の日って湿気が多いですよね。
そんな日は、髪も広がりがち。
特にくせっ毛の方や髪が多い方は、雨の日に髪がまとまらずに苦労されてる方も多いんです。

でも、帽子でおしゃれに押させることができるので一石二鳥^^
髪にお悩みがあるときこそ、帽子を活用してほしいな、と考えています。

とはいえ、どんな帽子でもいいかというとそうでもありません。

雨の日は傘をさすので、それにはもちろんバランスが大切。
できるだけベレーやキャスケットのようなコンパクトな帽子が傘とのバランスがとりやすいです。

そして、雨の日は当然ですが湿気が多く、また帽子も濡れる可能性があります。なので、このような帽子は注意してくださいね。

・天然素材やフェルトなど型入れした帽子
 (濡れると型崩れをおこしてしまいます)
・高級素材の帽子(繊細な分、色落ちなどの心配が・・・)

つまり、小ぶりで濡れても大丈夫な帽子がおすすめ!

かといって、帽子に「濡れてもOK」マークなんてものはついていません。
どうやって濡れても大丈夫かどうか見分けたらいいんでしょう?

それは洗濯表示。
「洗濯OK」のマークだと、濡れても大丈夫ってことなので、雨の日はこのような帽子をかぶってくださいね。

小ぶりで濡れても大丈夫な帽子だと傘をさしても邪魔にならないし、ブリム(つば)でお顔が暗くなるってこともないし、何より、濡れるのを心配しながらかぶるなんてこともなし!

だから、帽子をかぶることでヘアスタイルの広がりも気にすることがなくなるので、とても快適に1日すごすことができますよ。
梅雨の時期には特に重宝するはずです^^

最近は、春用や夏用のベレーも出ていて、冬物と思われていたベレー帽も年中かぶることができるようになってきました。

お手元に一つあると安心ですよ。
ぜひお試しください^^

関連記事